JPドメイン名のサービス案内、ドメイン名・DNSに関連する情報提供サイト


サーバー証明書発行サービス

サイトシールについて

サイトシール

信頼できるサイトの証。
JPRSのサーバー証明書を導入しているお客様へ、無料でご提供します。

サイトシールとは

Webサイトへの訪問者に対し、JPRSのサーバー証明書による認証を受けていることをアピールするものです。

Webサイトへの掲載で信頼性・安心感をアピール

サイトシール掲載イメージ

Webサイトへの訪問者に対し、セキュリティに配慮したサイトであると伝えることができます。
また、訪問者がサイトシールをクリックすることで、サーバー証明書の詳細を確認することもできます。
特に、電子商取引(EC)や、個人情報の入力などを必要とするWebサイトへの導入が効果的です。

サイトシールのサイズについて

サイトシールのサイズは3種類からお選びいただけます。

ドメイン認証型(DV) サイトシール(小) サイトシール(中) サイトシール(大)
組織認証型(OV) サイトシール(小) サイトシール(中) サイトシール(大)
画像サイズ 小:100×42ピクセル 中:120×50ピクセル 大:140×59ピクセル

サイトシールの設定方法

下部に表示されているスクリプトを、お客様のサイト(購入時に申請したサイト名あるいはドメイン名のサイト)のHTMLソースにペーストしてください。
お客様のご利用の証明書に合わせ、次の項目を書き換えてください。

  • src="【お客様がご利用になるサイトシールのファイル名】.png"
    「jprs_siteseal_140x59_OV.png」など、実際にご利用になるサイトシールのファイル名を記載してください。
  • value="【お客様の証明書のコモンネーム】"
    お客様の証明書のコモンネームを記載してください。
    ・小文字、大文字どちらでも構いません。
    ・ワイルドカードは「*」(アスタリスク)で表記してください。
    ・国際化ドメイン名(IDN)の場合は、Punycodeで表記してください。
    ・コモンネームの確認方法は、こちらをご参照ください。
  • value="【DV・OV】"
    お客様の証明書の種類に合わせ「DV」「OV」どちらかを記載してください。
    ドメイン認証型の場合は「DV」、組織認証型の場合は「OV」となります。

※2017年9月7日(木)0時以降に発行した証明書は、上記の方式で提供しています。
2017年9月6日(水)までに発行した証明書については、上記の方式に加え、シリアル番号を指定する方式も引き続きご利用いただけます。

サイトシールに関するFAQ

Qサイトシール画像のカスタマイズは可能ですか。

A

シールの信頼性を確保するため、サイズ変更などの加工は一切行わないようお願いします。

Qサイトシールをクリックすると「このウェブサイトのサーバー証明書は無効です。」と表示されます。

A

無効

ステータスが「無効」と表示される場合、以下の原因が考えられます。
  • 証明書の有効期限が切れている。
  • 証明書の登録申請を行ったコモンネームと、サイトシール貼り付け先のURLが異なっている。
  • 貼り付け用スクリプトのvalue欄に正しい情報が記載されていない。
    記載方法についてはこちらをご参照ください。

証明書自体が有効であっても、JavaScriptの設定がオフになっていたり、スクリプトを不正に改変した場合は「有効」と表示されません。

Qコモンネームはどのようにして確認できますか。

A

コモンネームは、以下の手順でご確認いただけます。
(以下に記載した画像はサンプルですので、お使いいただくことはできません。)

1. 発行された証明書のアイコンをクリックしてください。


2. 「証明書」ウィンドウ、「詳細」タブのフィールド内の「サブジェクトをクリックします。


3. 表示された項目のうち、「CN」がコモンネームです。
スクリプトには、「CN =」の後ろ側のみを記載してください。(画像では「xn--jprs-en4c6f6lb8833j45bl69n.jp」)
画像は「JPRSサーバー証明書.jp」の証明書の表示例です。