JPドメイン名のサービス案内、ドメイン名・DNSに関連する情報提供サイト


サーバー証明書発行サービス

サービス概要

JPRSサーバー証明書の種類

JPRSのサーバー証明書発行サービスは、指定事業者を通じてご提供します。
現在ご提供しているのは、ドメイン認証型(DV)と組織認証型(OV)の2種類に、それぞれのワイルドカード証明書[*1]を加えた計4種類となります。

  • ドメイン認証型(DV)
    証明書の申請者が、証明書に記載のドメイン名について、登録者または管理者であることを証明する証明書。
  • 組織認証型(OV)
    証明書の申請者が、証明書に記載のドメイン名について、登録者または管理者であることに加え、Webサイトの運営者・運営組織の法的実在性を認証した証明書。

なお、提供する証明書の種類や提供内容は、指定事業者により異なる場合があります。
JPRSのサーバー証明書を利用するには… 「指定事業者制度」

組織認証型
(OV)
組織認証型
(OV)
ワイルドカード証明書[*1]
ドメイン認証型
(DV)
ドメイン認証型
(DV)
ワイルドカード証明書[*1]
サイトシール サイトシール(中) サイトシール(中)
特長 ・組織の法的実在性を認証 ・組織の法的実在性を認証
・1枚で複数のサブドメインに対応
・即日発行 ・即日発行
・1枚で複数のサブドメインに対応
発行までの
所用時間
(目安)
1~2日(最短で即日発行) 最短で即時発行
運営者・運営組織の実在証明
マルチドメイン機能
(ダブルアドレス
オプション[*2]



(ダブルアドレス
オプション[*2]


署名
アルゴリズム
sha256WithRSAEncryption
他社からの
乗り換え

(乗換オプション[*3]
再発行
[*4]
有効期間 1年~3年
複数サーバー
でのご利用
申請者の制限 ・発行するサーバー証明書のドメイン名の登録者と同一である、あるいは、登録者の許諾を受けた者であること
・日本国内の組織及び個人事業主であること
・発行するサーバー証明書のドメイン名の登録者と同一である、あるいは、登録者の許諾を受けた者であること

[*1] ドメイン名の左端のラベルを「*(アスタリスク)」とした証明書で、1枚のサーバー証明書で複数のサブドメインに対応できるオプションです。

[*2] ドメイン名に「www.」が含まれている・いないにかかわらず、同一の証明書を利用することができるオプションです。

[*3] JPRSサーバー証明書の有効期間(1年~3年)に、他社で発行したサーバー証明書の残りの有効期間を追加(上限12カ月)して発行できるオプションです。

[*4] 有効期間内であれば何度でも無償で再発行できます。ただし、有効期限日の当月は申請できません。

JPRSサーバー証明書のポイント

ポイント1
「.jp」を登録管理するJPRSが
発行する安心と信頼の証明書

「.jp」の登録管理を行う唯一の組織、JPRSが提供するサーバー証明書です。「.jp」は140万件以上の登録実績があり、JPRSは設立以来15年以上、無事故・無停止で運用されています。安心と信頼の品質をサーバー証明書でも実現します。


※JPRSサーバー証明書は「.jp」以外のドメイン名にもご利用いただけます。

ポイント2
1枚の証明書で
複数のサーバーに導入可能

コモンネーム単位でサーバー証明書が発行されるため、同一のコモンネームを持つサーバーであれば台数に関係なく、一つの証明書をコピーして利用することができます。サーバーを増設する場合にも追加購入の必要がありません。

詳しくはこちら