<残念!>

[あなたの回答:ある]

ドメイン名のアルファベットには大文字と小文字の区別はなく、どちらでもアクセスが可能です。
例えば、名刺やカタログにおける表記を商標などと合わせておけば、お客様にイメージを植え付けることができます。

ただし、URLのパス名・ファイル名、メールアドレスの@の左側(ローカルパート)では区別されるのでご注意ください。
株式会社日本レジストリサービス Copyright© 2001-2019 Japan Registry Services Co., Ltd.