<正解!>

[あなたの回答:HOSTS.TXT]

インターネットの前身である「ARPANET」では、ホスト名とIPアドレスの対応表として
「HOSTS.TXT」というテキストファイルが用いられていました。
マスターファイルはIPアドレスの国際割り当て機関であった米国の「SRI-NIC」により
管理・公開されていました。しかし、接続ホスト数の増加によるファイルの肥大化や、
ファイルの更新頻度の増大による、SRI-NICの作業量の増加などが問題化し、
この解決手段としてDNSが開発されることとなりました。
株式会社日本レジストリサービス Copyright© 2001-2019 Japan Registry Services Co., Ltd.