<残念!>

[あなたの回答:正しい]

DNSSECとSSLでは保護の対象が異なっており、他方の機能を包含するものではありません。
そのためSSLが導入済みであっても、DNSの名前解決の安全性を確保するためには
DNSSECを別途導入する必要があります。
DNSSECでは、相手との通信開始前に必要となる名前解決の安全性を保証します。
一方のSSLでは、相手との通信時の本人証明及び、通信データの暗号化を行っています。
株式会社日本レジストリサービス Copyright© 2001-2019 Japan Registry Services Co., Ltd.