DNS関連技術情報のトップへ戻る

----------------------------------------------------------------------
■DNSサーバの登録と設定の確認
  ~登録したJPドメイン名のDNS設定を確認するための手順~
                                              2005/07/08(Fri) 更新
                                              2005/06/28(Tue) 初版作成
----------------------------------------------------------------------

本文書は、JP ドメイン名登録者を対象に、登録した JP ドメイン名の DNS 設
定に誤りがないかを確認するための手順について記します。

確認手順は以下の3つに分けて説明しています。

 1. ドメイン名を管理する DNS サーバの把握
 2. レジストリに登録した情報の確認
 3. DNS サーバの設定の確認

1. では、自分が登録している JP ドメイン名に関する各種情報を調べます。
ここでは、登録したドメイン名を管理する DNS サーバの情報や、ドメイン名
の登録先である管理指定事業者などになります。

2. は、1. で調べたドメイン名を管理する DNS サーバの情報が、レジストリ
に登録した DNS サーバの情報と一致するかを確認します。

3. は、1. および 2. で確認した情報と、ドメイン名を管理する DNS サーバ
の設定が一致するかを確認します。


1. ドメイン名を管理する DNS サーバの把握

   登録したドメイン名を管理する DNS サーバの登録情報に誤りがないかは、
   登録者自身にしか判断することができません。そのため、次に示す管理項
   目について、登録者自身が把握している状況と登録情報に不整合がないか、
   確認する必要があります。

   1.1 ドメイン名とその管理指定事業者

       登録したドメイン名と、そのドメイン名の登録先である管理指定事業
       者について調べてください。

       (例1.1-1)
         +---------------+-------------------+
         | ドメイン名    | 管理指定事業者    |
         +---------------+-------------------+
         | example.co.jp | ドメイン登録会社A |
         +---------------+-------------------+
         | example.jp    | ドメイン登録会社B |
         +---------------+-------------------+

       JPドメイン名において、管理指定事業者について不明な点があれば、
       JPRS (info@jprs.jp) までお問い合わせ下さい。

   1.2 ドメイン名と DNS サーバのホスト名の対応、および運用者

       登録したドメイン名と、それを管理する DNS サーバのホスト名の対応
       について調べて下さい。また、DNS サーバを自組織で運用しているの
       か、セカンダリ DNS サービスを利用しているのかについても調べて下
       さい。

       (例1.2)
         +---------------+----------------------+--------+
         | ドメイン名    | DNS サーバのホスト名 | 運用者 |
         +---------------+----------------------+--------+
         | example.co.jp | ns1.example.co.jp    | 自組織 |
         |               | ns2.example.co.jp    | 自組織 |
         +---------------+----------------------+--------+
         | example.jp    | ns1.example.jp       | 自組織 |
         |               | dns1.example.com     | 自組織 |
         |               | dns1.example.net     | 他組織 |
         +---------------+----------------------+--------+

       DNS サーバのホスト名、および運用者について不明な点があれば、各
       組織の管理部門(DNSサーバ運用管理部門等)に確認してください。

   1.3 DNS サーバのホスト名と IP アドレスの対応

       ドメイン名を管理する DNS サーバを自組織で運用している場合、DNS 
       サーバのホスト名と、DNS サーバの IP アドレスの対応を知る必要が
       あります。

       (例1.3)
         +----------------------+----------------------+
         | DNS サーバのホスト名 | IP アドレス          |
         +----------------------+----------------------+
         | ns1.example.co.jp    | 192.168.0.1          |
         | ns2.example.co.jp    | 192.168.0.2          |
         +----------------------+----------------------+
         | ns1.example.jp       | 192.168.100.1        |
         +----------------------+----------------------+

       不明な項目があれば、自組織の管理部門(DNSサーバ運用管理部門等)に
       確認してください。

       例1.2 の example.co.jp のように DNS サーバを全て自組織で運用して
       いる場合は、2. に進んでください。他組織に委託している場合は次の
       1.4 についても調べてください。

   1.4 セカンダリ DNS サーバの委託先に関する情報

       委託先の DNS サーバのドメイン名の有効期限について調べて下さい。
       また同時に、委託契約の状態についても調べてください。

       (例1.4)
         +--------------------+----------------+----------------+
         | 委託先のドメイン名 | 有効期限       | 委託契約終了日 |
         +--------------------+----------------+----------------+
         | example.net        | 200x年xx月xx日 | 200y年yy月yy日 |
         +--------------------+----------------+----------------+

       有効期限について不明な点があれば、委託先に確認するか、各レジス
       トリが提供する Whois サーバ (*2) を利用して調べて下さい。

       (*2) 各レジストリが提供する Whois サーバ
            GTLD (.com, .net, .org など)
               http://www.iana.org/gtld/gtld.htm 

            ccTLD (.jp, .kr, .us など)
               http://www.iana.org/cctld/cctld-whois.htm 

            上記 Web ページ中の、各 TLD のページ内に
            Whois サーバに関する情報が掲載されています。

2. レジストリに登録した情報の確認

   登録したドメイン名の DNS サーバについて確認できたら、次はレジストリ
   に登録した情報と比較して、実際に一致しているか確認します。次のよう
   な手順で確認してください。

   2.1 レジストリに登録した DNS サーバのホスト名の確認

       1.2 で調べた、ドメイン名を管理する DNS サーバのホスト名と、レジ
       ストリに登録した内容が一致するか確認します。確認には Whois サー
       ビス (*1) を利用します。

         (*1) JPRS が提供する Whois サービス
              - Web による検索
                 http://whois.jprs.jp/ 

              - UNIX の whois コマンドによる検索
                % whois -h whois.jprs.jp <ドメイン名>

       例として、属性型 JP ドメイン名である example.co.jp というドメイ
       ン名を検索した結果について示します。この例では UNIX の whois コ
       マンドを使用した出力結果を用いていますが、Web による検索でも同
       様の結果が得られます。

       (例2.1-1)
         属性型 JP ドメイン名の検索結果
 
         % whois -h whois.jprs.jp example.co.jp
  
         ~省略~
         Domain Information: [ドメイン情報]
         a. [ドメイン名]                 EXAMPLE.CO.JP
         e. [そしきめい]                 かぶしきがいしゃいぐざんぷる
         f. [組織名]                     株式会社イグザンプル
         g. [Organization]               EXAMPLE Co.,Ltd
         k. [組織種別]                   株式会社
         l. [Organization Type]          Company
         m. [登録担当者]                 AAxxxxJP
         n. [技術連絡担当者]             BBxxxxJP
         p. [ネームサーバ]               ns1.example.co.jp  ← ここを確認
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         p. [ネームサーバ]               ns2.example.co.jp  ← ここを確認
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         ~省略~
  
       (例2.1-2)
         汎用 JP ドメイン名の検索結果

         % whois -h whois.jprs.jp example.jp

         ~省略~
         Domain Information: [ドメイン情報]
         [Domain Name]                   EXAMPLE.JP
         
         [登録者名]                      株式会社イグザンプル
         [Registrant]                    EXAMPLE Co.,Ltd
         
         [Name Server]                   ns1.example.jp  ← ここを確認
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         [Name Server]                   ns2.example.jp  ← ここを確認
         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         ~省略~

      レジストリの登録内容が、1 で確認した情報と一致しない場合は、登録
      情報を修正する必要があります。ドメイン名の登録先である管理指定事
      業者を通して確認・修正してください。

   2.2 レジストリに登録した DNS サーバのIPアドレス(ホスト情報)の確認

       1.3 で調べた、登録したドメイン名を管理する DNS サーバのIPアドレ
       スと、レジストリに登録した内容 (ホスト情報) が一致するか確認し
       ます。確認には Whois サービスを利用します。

       (例2.2-1)
         属性型 JP ドメイン名の検索結果

         % whois -h whois.jprs.jp ns1.example.co.jp
   
         ~省略~
         Host Information: [ホスト情報]
         a. [ホスト名]                   ns1.example.co.jp ← ここを確認
         b. [IPアドレス]                 192.168.0.1       ← ここを確認
         n. [技術連絡担当者]             AAxxxxJP
         ~省略~
  
       (例2.1-2)
         汎用 JP ドメイン名の検索結果

         % whois -h whois.jprs.jp ns1.example.jp

         ~省略~
         Host Information: [ホスト情報]
         [Host Name]                     ns1.example.jp ← ここを確認

         [IPv4アドレス]                  192.168.100. 1 ← ここを確認
         ~省略~

      レジストリの登録内容が 1 で調べた情報と一致しない場合は、登録情
      報を修正する必要があります。ドメイン名の登録先である管理指定事業
      者を通して確認・修正してください。(なおホスト情報がない場合もあ
      ります。)

3. DNS サーバの設定の確認

   次に、登録したドメイン名を管理する DNS サーバが正しく設定されている
   か確認します。UNIX 環境が使用できる場合は 3.1 の手順で、Windows 環
   境が使用できる場合は 3.2 の手順で確認して下さい。

   3.1 DNS サーバに NS レコードの問い合わせを行う(UNIX環境)

       UNIX 環境で dig コマンドが使える場合は次のように実行します。

        % dig @ <ドメイン名> ns

       例として、example.co.jp 確認する場合は次のように実行します。

       (例3.1)
        % dig @192.168.0.1 example.co.jp ns

        ~省略~
        ;; ANSWER SECTION:
        example.co.jp.          86400   IN    NS    ns1.example.co.jp. ← ここを確認
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        example.co.jp.          86400   IN    NS    ns2.example.co.jp. ← ここを確認
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

        ;; ADDITIONAL SECTION:
        ns1.example.co.jp.        1D IN A         192.168.0.1 ← ここを確認
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ns2.example.co.jp.        1D IN A         192.168.0.2 ← ここを確認
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ~省略~


       出力された結果が、1 で調べた example.co.jp の NS として登録され
       ているべき DNS サーバと異なる場合は、DNS サーバの設定を修正して
       ください。

       また、ドメイン名を管理する全ての DNS サーバについて、上記の手順
       にそって確認してください。これは他組織のセカンダリ DNS サービス
       を利用している場合は、そのセカンダリ DNS サーバも含みます。

       DNS サーバの設定については @IT DNS Tips(*3) などを参考にして下
       さい。

         (*3) @IT DNS Tips
               http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/dnstips/001.html 

   3.2 DNS サーバに NS レコードの問い合わせを行う(Windows環境)

       Windows 環境ではコマンドプロンプト上から nslookup コマンドを使っ
       て次のように実行します。

        C:\> nslookup -q=ns <ドメイン名> 

       例として、example.co.jp 確認する場合は次のように実行します。

       (例3.2)
        C:\> nslookup -q=ns example.co.jp 192.168.0.1
        Server:  ns1.example.co.jp
        Address:  192.168.0.1

        example.co.jp     nameserver = ns1.example.co.jp  ← ここを確認
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        example.co.jp     nameserver = ns2.example.co.jp  ← ここを確認
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ns1.example.co.jp internet address = 192.168.0.1  ← ここを確認
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        ns2.example.co.jp internet address = 192.168.0.2  ← ここを確認
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       出力された結果が、1 で調べた example.co.jp の NS として登録され
       ているべき DNS サーバと異なる場合は、DNS サーバの設定を修正して
       ください。
    

株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2017 Japan Registry Services Co., Ltd.