DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■L.root-servers.net の IP アドレス変更に伴う設定変更について
                                                     2007/11/2 (Fri)
---------------------------------------------------------------------

 2007 年 11 月 1 日(米国西部時間)、ルートネームサーバの一つである
 L.root-servers.net の IP アドレスが変更されました。

   旧 IP アドレス: 198.32.64.12
   新 IP アドレス: 199.7.83.42

 DNS キャッシュサーバを運用されている各位におかれましては、DNS キャッ
 シュサーバのルートヒントファイル、またはそれに相当する設定ファイルの
 更新などの適切な対応をお願いいたします。

 新しいルートヒントファイルは、以下のURLから入手できます。

   - ftp://rs.internic.net/domain/db.cache
   - ftp://rs.internic.net/domain/named.cache
   - ftp://rs.internic.net/domain/named.root
   - ftp://ftp.internic.net/domain/db.cache
   - ftp://ftp.internic.net/domain/named.cache
   - ftp://ftp.internic.net/domain/named.root

 参考として、主な DNS キャッシュサーバにおける変更方法例を示します。
 なお、これら以外の実装においても、同様の設定変更が必要になります。

   - BIND 9

     named.conf において指定されているルートヒントファイルを、上記URL 
     から入手したものに差し替え、rndc reload コマンドでルートヒントファ
     イルをリロードするか、rndc restart コマンドで named プロセスを再
     起動する。

   - djbdns (dnscache)

     servers/@ ファイルおよび dnsroots.global ファイルで設定されている 
     IP アドレス 198.32.64.12 を 199.7.83.42 に変更し、svc -t コマンド
     で dnscache プロセスを再起動する。

   - Microsoft DNS Service
     (注: Windows Server 2003、Windows 2000 Server 等のみ、
          通常の Windows XP や Windows Vista 等ではこの作業は不要)

     (1)[スタート] → [コントロール パネル] → [管理ツール]、[DNS]の順
        に選択し、DNS コンソールを開く。
     (2)DNS コンソールのサーバ名を右クリックして「プロパティ」を選択し、
        「ルート ヒント」タブにある「l.root-servers.net」を選択する。
     (3)「編集」ボタンをクリックして、IP アドレスを 198.32.64.12 から
        199.7.83.42 に変更する。
     (4)DNS サービスを再起動する。

---------------------------------------------------------------------

株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.