DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■DNS flag dayに関する文書の公開と対応状況の確認について

                                株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                                            初版作成 2019/01/21(Mon)
                                            最終更新 2019/01/28(Mon)
                              (確認方法・ご質問とその回答資料を更新)
---------------------------------------------------------------------

▼概要

  2019年2月1日は主要なDNSソフトウェアベンダーとパブリックDNSサービス事
  業者が参加する「DNS flag day」の開始日です。DNS flag dayは、その日
  (2019年2月1日)以降にリリースするDNSソフトウェア・サービスのEDNS0
  (*1)に関する動作の一部を変更することで、DNSの品質・パフォーマンス
  の向上と、新機能の導入・拡張機能の推進を図るためのイベントです。

  (*1)RFC 6891で定義されたDNSの拡張方式です。512バイトよりも大きなメッ
        セージサイズを通信コストの低いUDPで扱えるように拡張し、フラグや
        応答コードを拡張・追加します。

  DNS flag dayによる動作変更の対象となるのは、2019年2月1日以降に参加組
  織からリリースされるDNSソフトウェアとパブリックDNSサービスです。運用
  中のDNSソフトウェアの動作は、2019年2月1日以降も変わりません。

  また、運用中の権威DNSサーバーやネットワーク機器がEDNS0に適切に対応し
  ている場合、DNS flag dayに伴う対応作業は不要です。

  JPRSではDNSの安定性向上と各組織のDNS管理者における状況確認のため、
  DNS flag dayの概要・影響と対応状況の確認方法をまとめた技術資料と、
  DNS flag dayに関する質問と回答をまとめた文書を作成・公開しました。

  それぞれの文書は、以下から入手できます。JPRSでは権威DNSサーバーの管
  理者に対し、自分のドメイン名を管理する権威DNSサーバーの対応状況の確
  認を推奨します。

    DNS flag dayの概要・影響と対応状況の確認方法
    (最終更新:2019年1月28日)
    <https://jprs.jp/tech/notice/2019-01-21-dns-flag-day.pdf>

    DNS flag dayについてのご質問とその回答
    (最終更新:2019年1月28日)
    <https://jprs.jp/tech/notice/2019-01-21-dns-flag-day-qa.html>

▼連絡先

  本文書に関するお問い合わせは <dnstech-info@jprs.co.jp> までご連絡くだ
  さい。

---------------------------------------------------------------------
▼更新履歴
  2019/01/21 11:00 初版作成
  2019/01/28 11:00 確認方法・ご質問とその回答資料を更新


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2019 Japan Registry Services Co., Ltd.