DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■Windows DNSサーバーの脆弱性を利用したサービス不能(DoS)攻撃について

                                株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                                            初版作成 2012/03/15(Thu)
---------------------------------------------------------------------

▼概要
  
  Windows Server 2003、2008及び2008 R2のWindows DNSサーバーには実装上
  の不具合があり、リモートからのサービス不能(DoS)攻撃が可能になる脆
  弱性が存在することが、開発元のMicrosoftより発表されました。本脆弱性
  により提供者が意図しないサービスの停止が発生する可能性があります。

  なお、本件の詳細につきましては、参考リンクに掲載したMicrosoftのセキュ
  リティ情報、及びJPCERT/CCから公開されている注意喚起をご参照ください。

▼参考リンク

  * Microsoft

    マイクロソフト セキュリティ情報 MS12-017 - 重要
    DNS サーバーの脆弱性により、サービス拒否が起こる (2647170)
    <https://technet.microsoft.com/ja-jp/security/bulletin/ms12-017>

  * JPCERT/CC

    2012年3月 Microsoft セキュリティ情報 (緊急 1件含) に関する注意喚起
    <https://www.jpcert.or.jp/at/2012/at120009.html>

---------------------------------------------------------------------
▼更新履歴
  2012-03-15 10:00 初版作成


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.