DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■(緊急)BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(2015年9月3日公開)
  - DNSSEC検証が有効に設定されている場合のみ対象、バージョンアップを強く推奨 -

                                株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                                            初版作成 2015/09/03(Thu)
---------------------------------------------------------------------

▼概要

  BIND 9.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのサービ
  ス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されました。
  本脆弱性により、提供者が意図しないサービスの停止が発生する可能性があ
  ります。

  該当するシステムを運用しているユーザーは、関連情報の収集やバージョン
  アップなど、適切な対応を速やかに取ることを強く推奨します。

▼詳細

▽本脆弱性の概要

  BIND 9.xにはDNSKEYリソースレコード(RR)の処理に不具合があり、
  DNSSEC検証が有効に設定されているフルリゾルバー(キャッシュDNSサー
  バー)において不正なDNSKEY RRを含む応答を受信した際、namedが異常終了
  する障害が発生します(*1)。

  (*1)本脆弱性によりnamedが異常終了した場合、buffer.cにおいて
        assertion failureを引き起こした旨のメッセージがログに出力され
        ます。

  本脆弱性により、DNSサービスの停止が発生する可能性があります。また、
  本脆弱性を利用した攻撃はリモートから可能です(*2)。

  (*2)攻撃者が不正なDNSKEY RRを含むゾーンデータを準備した後、そのゾー
        ンの名前解決を実行するように仕向けるなどの方法が考えられます。

▽対象となるバージョン

  本脆弱性は、BIND 9.0.0以降のすべてのバージョンのBIND 9が該当します。

  ・9.10系列:9.10.0~9.10.2-P3
  ・9.9系列:9.9.0~9.9.7-P2
  ・9.0~9.8系列:9.0.0~9.8.8

  なお、ISCでは9.8以前の系列のBIND 9のサポートを終了しており、これらの
  バージョンに対するセキュリティパッチはリリースしないと発表しています。

▽影響範囲

  ISCは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「重大(Critical)」と評価して
  います。

  本脆弱性は、DNSSEC検証が有効に設定されているフルリゾルバーが影響を受
  けます。また、ISCでは本脆弱性について、そのゾーンをサービスするため
  に内部で名前解決を実施している場合(*3)、権威DNSサーバーにおいても
  本脆弱性の影響を受けうると発表しています。

  (*3)例えば、DNS NOTIFY機能において、NOTIFYメッセージの送信先ホスト
        名に対するDNSSEC検証をしている場合などが該当します。

  本脆弱性については、以下の脆弱性情報(*4)も併せてご参照ください。

  (*4)CVE - CVE-2015-5722
        <https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2015-5722>

▼一時的な回避策

  DNSSEC検証機能を無効に設定することで、本脆弱性の影響を回避できます。
  ただし、DNSSECによる保護機能も無効となることに注意が必要です。

▼解決策

  本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.10.2-P4/9.9.7-P3)への更
  新、あるいは各ディストリビューションベンダーからリリースされる更新の
  適用を、速やかに実施してください。

▼参考リンク

  以下に、ISCから発表されている情報へのリンクを記載します。また、各ディ
  ストリビューションベンダーからの情報や前述のCVEの情報なども確認の上、
  適切な対応を取ることを強く推奨します。

  - ISC

   セキュリティアドバイザリ

    CVE-2015-5722: Parsing malformed keys may cause BIND to exit due
                   to a failed assertion in buffer.c
    <https://kb.isc.org/article/AA-01287>

   パッチバージョンの入手先

    BIND 9.10.2-P4
    <https://ftp.isc.org/isc/bind9/9.10.2-P4/bind-9.10.2-P4.tar.gz>
    BIND 9.9.7-P3
    <https://ftp.isc.org/isc/bind9/9.9.7-P3/bind-9.9.7-P3.tar.gz>

▼連絡先

  本文書に関するお問い合わせは <dnstech-info@jprs.jp> までご連絡ください。

---------------------------------------------------------------------
▼更新履歴
  2015/09/03 11:00 初版作成


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.