DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■(緊急)BIND 9.10.2/9.9.7の脆弱性(DNSサービスの停止)について(2015年9月3日公開)
  - フルリゾルバー(キャッシュDNSサーバー)/権威DNSサーバーの双方が対象、
    バージョンアップを強く推奨 -

                                株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                                            初版作成 2015/09/03(Thu)
---------------------------------------------------------------------

▼概要

  BIND 9.10.2/9.9.7における実装上の不具合により、namedに対する外部から
  のサービス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表さ
  れました。本脆弱性により、提供者が意図しないサービスの停止が発生する
  可能性があります。

  該当するシステムを運用しているユーザーは、関連情報の収集やバージョン
  アップなど、適切な対応を速やかに取ることを強く推奨します。

▼詳細

▽本脆弱性の背景:OPENPGPKEYリソースレコード

  OpenPGP(*1)の公開鍵をDNSで配布するための仕組みとして、OPENPGPKEYリ
  ソースレコード(RR)の標準化作業がIETFで進められています。
  OPENPGPKEY RRの仕様はインターネットドラフトdraft-ietf-dane-
  openpgpkeyで定義されており、Experimentalでの標準化が予定されています。

  BIND 9ではOPENPGPKEY RRの取り扱いを、BIND 9.10.2/9.9.7以降のバージョ
  ンでサポートしています。

  (*1)データの暗号化と電子署名の双方をサポートしているセキュリティソ
        フトウェアで、RFC 4880で仕様が標準化されています。

▽本脆弱性の概要

  BIND 9.10.2/9.9.7にはOPENPGPKEY RRの取り扱いに不具合があり、不正な
  OPENPGPKEY RRを含む応答を受信した際、namedが異常終了する障害が発生し
  ます(*2)(*3)。

  (*2)本脆弱性によりnamedが異常終了した場合、"REQUIRE" assertion
        failureを引き起こした旨のメッセージがログに出力されます。

  (*3)OPENPGPKEY RRを設定・利用していない場合も、本脆弱性の対象とな
        ります。

  本脆弱性により、DNSサービスの停止が発生する可能性があります。また、
  本脆弱性を利用した攻撃はリモートから可能です(*4)。

  (*4)攻撃者が不正なOPENPGPKEY RRを含むゾーンデータを準備した後、そ
        のOPENPGPKEY RRを応答に含む名前解決を実行するように仕向けるな
        どの方法が考えられます。

▽対象となるバージョン

  本脆弱性は、BIND 9.10.2/9.9.7以降のバージョンのBIND 9が該当します。

  ・9.10系列:9.10.2~9.10.2-P3
  ・9.9系列:9.9.7~9.9.7-P2

▽影響範囲

  ISCは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「重大(Critical)」と評価して
  います。

  本脆弱性は前述したバージョンのすべてのフルリゾルバー(キャッシュDNS
  サーバー)が影響を受けます。また、ISCでは本脆弱性について、特定の条
  件下にある権威DNSサーバーへの攻撃も成功させることができたと発表して
  います。

  本脆弱性については、以下の脆弱性情報(*5)も併せてご参照ください。

  (*5)CVE - CVE-2015-5986
        <https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2015-5986>

▼一時的な回避策

  本脆弱性の一時的な回避策は存在しません。

▼解決策

  本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.10.2-P4/9.9.7-P3)への更
  新、あるいは各ディストリビューションベンダーからリリースされる更新の
  適用を、速やかに実施してください。

▼参考リンク

  以下に、ISCから発表されている情報へのリンクを記載します。また、各ディ
  ストリビューションベンダーからの情報や前述のCVEの情報なども確認の上、
  適切な対応を取ることを強く推奨します。

  - ISC

   セキュリティアドバイザリ

    CVE-2015-5986: An incorrect boundary check can trigger a REQUIRE
                   assertion failure in openpgpkey_61.c
    <https://kb.isc.org/article/AA-01291>

   パッチバージョンの入手先

    BIND 9.10.2-P4
    <https://ftp.isc.org/isc/bind9/9.10.2-P4/bind-9.10.2-P4.tar.gz>
    BIND 9.9.7-P3
    <https://ftp.isc.org/isc/bind9/9.9.7-P3/bind-9.9.7-P3.tar.gz>

▼連絡先

  本文書に関するお問い合わせは <dnstech-info@jprs.jp> までご連絡ください。

---------------------------------------------------------------------
▼更新履歴
  2015/09/03 11:00 初版作成


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.