DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■BIND 9.10.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(CVE-2016-2088)
  - DNS cookie機能を有効にしている場合のみ対象、バージョンアップを強く推奨 -

                                株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                                            初版作成 2016/03/10(Thu)
---------------------------------------------------------------------

▼概要

  BIND 9.10.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からのサー
  ビス不能(DoS)攻撃が可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されまし
  た。本脆弱性により、提供者が意図しないサービスの停止が発生する可能性
  があります。

  本脆弱性は、DNS cookie機能を有効にしている場合にのみ対象となります。
  BIND 9.10.xではDNS cookie機能はオプションとして提供されており、コン
  パイル時に"--enable-sit"オプションを指定した場合にのみ有効となります。

  該当するシステムを運用しているユーザーは、関連情報の収集やバージョン
  アップなど、適切な対応を速やかに取ることを強く推奨します。

▼詳細

▽本脆弱性の概要

  DNS cookieは、EDNS0に新たなオプションコードを定義してDNSパケットに
  HTTPと同様のクッキーを加えることで、DNSパケットの偽造を防止するため
  の機能です。

  BIND 9.10.xにはDNS cookieのパケット処理に不具合があり、複数のCOOKIE
  OPTオプションを含む不正なパケットを受け取った際の内部処理において、
  namedが異常終了を起こす障害が発生します(*1)。

  (*1)本脆弱性によりnamedが異常終了した場合、resolver.cにおいて
        INSIST assertion failureを引き起こした旨のメッセージがログに出
        力されます。

  本脆弱性により、DNSサービスの停止が発生する可能性があります。また、
  本脆弱性を利用した攻撃はリモートから可能です。

▽対象となるバージョン

  本脆弱性は、BIND 9.10.0以降のすべてのバージョンのBIND 9が該当します。

  ・9.10系列:9.10.0~9.10.3-P3

▽影響範囲

  ISCは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「高(High)」と評価しています。

  本脆弱性は、BIND 9.10.xでサポートされたDNS cookie機能を有効にしてい
  る場合にのみ対象となります。BIND 9.10.xではDNS cookie機能はオプショ
  ン機能であるSIT(Source Identity Token)として提供されており、コンパ
  イル時に"--enable-sit"オプションを指定した場合にのみ有効となります。

  ただし、ISCが提供しているWindows版のバイナリパッケージではコンパイル
  時に"--enable-sit"オプションが設定されているため、本脆弱性の対象とな
  ることに注意が必要です。

  本脆弱性については、以下の脆弱性情報(*2)も併せてご参照ください。

  (*2)CVE - CVE-2016-2088
        <https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2016-2088>

▼一時的な回避策

  BINDのコンパイル時に"--enable-sit"オプションを設定しないようにし(*3)、
  DNS cookieの機能を無効にすることで、本脆弱性の影響を回避できます。

  (*3)前述の通り、"--enable-sit"オプションはデフォルトで無効に設定さ
        れています。

▼解決策

  本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.10.3-P4)への更新、あるい
  は各ディストリビューションベンダーからリリースされる更新の適用を、速
  やかに実施してください。

▼参考リンク

  以下に、ISCから発表されている情報へのリンクを記載します。また、各ディ
  ストリビューションベンダーからの情報や前述のCVEの情報なども確認の上、
  適切な対応を取ることを強く推奨します。

  - ISC

   セキュリティアドバイザリ

    CVE-2016-2088: A response containing multiple DNS cookies causes
                   servers with cookie support enabled to exit with
                   an assertion failure.
    <https://kb.isc.org/article/AA-01351>

   パッチバージョンの入手先

    BIND 9.10.3-P4
    <https://ftp.isc.org/isc/bind9/9.10.3-P4/bind-9.10.3-P4.tar.gz>

▼連絡先

  本文書に関するお問い合わせは <dnstech-info@jprs.jp> までご連絡ください。

---------------------------------------------------------------------
▼更新履歴
  2016/03/10 11:00 初版作成


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2017 Japan Registry Services Co., Ltd.