DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■BIND 9.xの脆弱性(アクセス制限の不具合によるゾーンデータの流出)
  について(CVE-2019-6465) - バージョンアップを推奨 -

                                株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                                            初版作成 2019/02/22(Fri)
                                            最終更新 2019/02/27(Wed)
                              (「対象となるバージョン」の補足を更新)
---------------------------------------------------------------------

▼概要

  BIND 9.xにおける実装上の不具合により、namedに対する外部からの攻撃が
  可能となる脆弱性が、開発元のISCから発表されました。本脆弱性により
  サービス提供者が意図しない形でゾーン転送が実行され、悪意を持つ第三者
  にゾーンデータが流出する可能性があります。

  本脆弱性は、namedにおいてDynamically Loadable Zones(DLZ)の機能を設
  定している場合にのみ対象となります(デフォルトでは無効)。該当する
  BIND 9のパッケージを利用しているユーザーは、各ディストリビューション
  ベンダーからリリースされる情報の収集やバージョンアップなど、適切な対
  応を取ることを推奨します。

▼詳細

▽本脆弱性の概要

  DLZは、外部のデータベースに設定したゾーンデータをnamedで直接取り扱え
  るようにするための仕組みです。DLZを利用することで、PostgreSQL、MySQL、
  LDAPなど、さまざまなデータベースをゾーンデータのバックエンドとして設
  定できます。

  BIND 9.xにはゾーン転送に関するアクセス制限に不具合があり、DLZを利用し
  ているゾーンが書き込み可能であった場合、allow-transfer ACLによるゾー
  ン転送のアクセス制限が適切に適用されない場合があります。そのため、本
  脆弱性により、サービス提供者が許可していない受信者に対するゾーン転送
  が誤って許可されてしまう可能性があります。

  ゾーン転送が実行された場合、悪意を持つ第三者にゾーンデータが流出する
  可能性があります。ゾーンデータの流出の影響については、JPRSにおいて公
  開済の以下の文書(*1)を参照してください。

  (*1)■権威DNSサーバーの設定不備による情報流出の危険性と設定の再確認
          について(2016年1月12日公開)
        <https://jprs.jp/tech/security/2016-01-12-unauthorized-zone-transfer.html>

▽対象となるバージョン

  本脆弱性は、以下のバージョンのBIND 9が該当します。

  ・9.12系列:9.12.0~9.12.3-P2
  ・9.11系列:9.11.0~9.11.5-P2
  ・上記以外の系列:9.9.0~9.10.8-P1

  なお、ISCではBIND 9.9.0より前のバージョンにおいて、本脆弱性の評価を
  実施していません。

▽影響範囲

  ISCは、本脆弱性の深刻度(Severity)を「中(Medium)」と評価しています。

  本脆弱性については、以下の脆弱性情報(*2)も併せてご参照ください。

  (*2)CVE - CVE-2019-6465
        <https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-6465>

▼一時的な回避策

  本脆弱性の一時的な回避策は存在しません。

▼解決策

  本脆弱性を修正したパッチバージョン(BIND 9.12.3-P4/9.11.5-P4)への更
  新、あるいは、各ディストリビューションベンダーからリリースされる更新
  の適用を、速やかに実施してください。

▼参考リンク

  以下に、ISCから発表されている情報へのリンクを記載します。また、各ディ
  ストリビューションベンダーからの情報や前述のCVEの情報なども確認の上、
  適切な対応を取ることを強く推奨します。

  - ISC

   セキュリティアドバイザリ

    CVE-2019-6465: Zone transfer controls for writable DLZ zones were
                   not effective
    <https://kb.isc.org/docs/cve-2019-6465>

   パッチバージョンの入手先

    BIND 9.12.3-P4
    <https://ftp.isc.org/isc/bind9/9.12.3-P4/bind-9.12.3-P4.tar.gz>
    BIND 9.11.5-P4
    <https://ftp.isc.org/isc/bind9/9.11.5-P4/bind-9.11.5-P4.tar.gz>

▼連絡先

  本文書に関するお問い合わせは <dnstech-info@jprs.co.jp> までご連絡くだ
  さい。

---------------------------------------------------------------------
▼更新履歴
  2019/02/22 11:00 初版作成
  2019/02/27 11:00 「対象となるバージョン」の補足を更新


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2019 Japan Registry Services Co., Ltd.