DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■Windows DNSキャッシュリゾルバーサービスの脆弱性情報が公開されました
  (CVE-2019-1090)

                                株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                                            初版作成 2019/07/12(Fri)
---------------------------------------------------------------------

▼概要

  2019年7月9日(米国時間)、Windows dnsrslvr.dllにおいて、メモリ内のオ
  ブジェクトを処理する方法に特権の昇格が可能になる脆弱性情報が公開され
  ました。併せて、本脆弱性を修正したバージョンも公開されています。

  詳細につきましては、以下の情報をご参照ください。

▼参考リンク

  CVE-2019-1090 | Windows dnsrlvr.dll Elevation of Privilege Vulnerability
  <https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2019-1090>

  CVE-2019-1090 | Windows dnsrslvr.dll の特権の昇格の脆弱性
  <https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2019-1090>

  CVE - CVE-2019-1090
  <https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2019-1090>

---------------------------------------------------------------------
▼更新履歴
  2019/07/12 11:00 初版作成


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2019 Japan Registry Services Co., Ltd.