DNS関連技術情報のトップへ戻る

---------------------------------------------------------------------
■Windows DNSキャッシュリゾルバーサービスの脆弱性情報が公開されました
  (CVE-2020-0839)

                                株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
                                            初版作成 2020/09/17(Thu)
---------------------------------------------------------------------

▼概要

  2020年9月8日(米国時間)、Windows dnsrslvr.dllにおいて、メモリ内の
  オブジェクトを処理する方法に特権の昇格の脆弱性があり、ローカルで認証
  された攻撃者が昇格された特権でコードを実行する可能性がある旨の脆弱性
  情報が公開されました。併せて、本脆弱性を修正したバージョンも公開され
  ています。

  詳細につきましては、以下の情報をご参照ください。

▼参考リンク

  CVE-2020-0839 | Windows dnsrslvr.dll Elevation of Privilege Vulnerability
  <https://portal.msrc.microsoft.com/en-US/security-guidance/advisory/CVE-2020-0839>

  CVE-2020-0839 | Windows dnsrslvr.dll の特権の昇格の脆弱性
  <https://portal.msrc.microsoft.com/ja-JP/security-guidance/advisory/CVE-2020-0839>

  CVE - CVE-2020-0839
  <https://cve.mitre.org/cgi-bin/cvename.cgi?name=CVE-2020-0839>

---------------------------------------------------------------------
▼更新履歴
  2020/09/17 11:00 初版作成


株式会社日本レジストリサービス Copyright©2001-2020 Japan Registry Services Co., Ltd.