JPドメイン名のサービス案内、ドメイン名・DNSに関連する情報提供サイト


障害情報

【障害・復旧連絡】JPRS WHOISにおける一部日本語ドメイン名の不適切なPunycode表示について

JPRS WHOISにおいて、一部の日本語ドメイン名(汎用・都道府県型JPドメイン名)のPunycode表示が、適切でない状態となっておりました。現在は復旧しております。

ご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。


■障害発生期間

発生日時 : 2017年11月19日(日) 12:17頃
復旧日時 : 2017年11月21日(火) 20:00頃

■対象

  • Whoisサービス(Web版、コマンド版)
※JP DNSサービスには影響はありません。

■障害内容

JPRS WHOISにおいて、一定の条件(※1)に該当する日本語ドメイン名(汎用・都道府県型JPドメイン名)のPunycode表示が適切でない。また、日本語ドメイン名(汎用・都道府県型JPドメイン名)を親ドメイン名とする一部のホスト情報(※2)について、JPRS WHOISのPunycode表示が適切でない。

  正しいPunycode表示:「XN--」から始まる文字列
  誤ったPunycode表示:「ZQ--」から始まる文字列

※1.
2017年11月19日12時17分頃~2017年11月21日17時40分頃の間に新規登録申請や登録情報の変更申請(廃止、ネームサーバー設定、登録者情報変更など)が行われたドメイン名
※2.
2017年11月19日12時17分頃~2017年11月21日17時40分頃の間に新規登録申請や変更申請が行われたホスト情報

なお、本事象はJPRS WHOISの表示のみに発生しているものであり、実際に登録されている日本語ドメイン名のPunycodeは、本障害発生期間中も「XN--」から始まる文字列となっておりました。