jprs.jpに戻る

BACK


SITEドメイン名細則

                                          株式会社日本レジストリサービス
                                                    公開:2022年6月2日
                                                    実施:2022年7月27日

                           SITEドメイン名細則


第1条(目的)
    この細則は、「gTLD等ドメイン名登録等に関する規則」(以下「登録規則」
  という)第1条第3項に基づいて、当社が取り扱うSITEドメイン名(以下「本
  ドメイン名」という)個別に適用される規定を定める。
2  本ドメイン名に関し、登録規則およびこの細則で定める「レジストリ」は、
  登録規則別表「gTLD等ドメイン名一覧」におけるSITEドメイン名のレジストリ
  組織名に規定される組織および当該組織に対して本ドメイン名のためにサービ
  スを提供する者(レジストリサービス、請求サービス、カスタマーサービス、
  マーケティングサービスまたはソフトウェアサービスの提供事業者を含み、こ
  れらに限定されない。レジストリサービスの提供事業者を以下「レジストリサー
  ビス提供事業者」という)をいう。

第2条(紛争処理)
    登録者は、登録している本ドメイン名について第三者との間に紛争がある場
  合、統一ドメイン名紛争処理方針(Uniform Domain Name Dispute Resolution 
  Policy)またはCentralNic紛争処理方針(CentralNic Dispute Resolution Policy)
  に基づく紛争処理手続が開始されたときにはこれに従い、また、ICANNの定め
  る統一早期凍結(Uniform Rapid Suspension (System))に基づく手続が開始
  されたときにはこれに従うものとする。
2  登録者は、レジストリサービス提供事業者のウェブページにおいて入手可能
  なCentralNic紛争処理方針(CentralNic Dispute Resolution Policy)を確認
  したうえで当該方針の規定に拘束されることに同意する。

第3条(契約条件)
    申請者および登録者は、レジストリのポリシーに定める次の各号の契約条件
  に拘束されるものとする。
  (1)本ドメイン名の初期立ち上げの条件(サンライズ期間およびランドラッ
        シュ期間の条件を含み、これらに限定されない)
  (2)ICANNの権利保護メカニズム(商標クリアリングハウス(Trademark 
        Clearinghouse)の要件およびサンライズ紛争処理方針(the Sunrise 
        Dispute Resolution Policy)を含む)を遵守するための手続および過程
2  申請者および登録者は、次の各号を含み、これらに限定されない、サンライ
  ズ期間またはランドラッシュ期間に関連する手続・過程から生じるいかなる損
  失・責任についても、レジストリを免責するものとする。
  (1)サンライズ期間中およびランドラッシュ期間中のドメイン名登録申請の
        結果
  (2)サンライズ登録に関するいかなる紛争の結果

第4条(確認・同意事項)
    申請者および登録者は、本ドメイン名およびレジストリの管理する他のトッ
  プレベルドメイン名の登録料および登録更新料は一様でなく、トップレベルド
  メイン名ごとに、また、プレミアムドメイン名など、本ドメイン名であっても
  文字列により登録料および登録更新料が異なる場合があることを確認し、同意
  する。
2  申請者または登録者は、プライバシー、データ収集、消費者保護(誤解また
  は誤認を招く行為および詐欺・欺瞞的な行為に関連するものを含む)、ならび
  に公正な貸付、債権回収、有機農業(該当する場合)、データの開示および金
  融規制に関して適用される消費者関連法を含む全ての適用法を遵守することを
  確認し、同意する。
3  申請者または登録者は、機密性の高い健康や財務・金融に関するデータを収
  集、保有および維持する場合、適用法で定めるところにより、これらに関する
  サービスの提供に求められる合理的かつ適切な安全管理措置を実施しなければ
  ならないことを確認し、同意する。

第5条(遵守事項)
    申請者または登録者は、レジストリによって随時制定・変更され、すべての
  レジストラに適用され、また、ICANNの標準ポリシー、手続・手順および実務
  慣行ならびに本ドメイン名に関するレジストリのICANNとのレジストリ契約に
  整合する、次の各号を含む本ドメイン名のすべての運用基準、手続・手順、実
  務慣行およびポリシーを遵守しなければならない。
  (1)Radix Acceptable Use and Anti-Abuse Policy
  (2)レジストリのウェブページにおいて入手可能なその他の適用されるポリ
        シーの全て
2  申請者または登録者は、レジストリ契約またはレジストリとICANNとのその
  他の取り決めに基づきレジストリがモニタリングを行う責任を負う、ICANNの
  標準、ポリシー、手続・手順および実務慣行を遵守しなければならない。

第6条(補償・免責)
    申請者および登録者は、次の各号に定める者(以下「被補償者」という)を、
  本ドメイン名の登録(使用・登録期間の延長・登録更新・廃止・移転・レジス
  トラトランスファーを含み、これらに限定されない)から発生し、もしくは、
  登録規則、この細則、上位組織もしくは当社の定める規則、仕様、ポリシーそ
  の他の本ドメイン名の登録に適用される定めの違反から発生する、または、こ
  れらに関連する、あらゆる種類のすべての請求、損害、責任、費用および支出
  (合理的な弁護士報酬および裁判費用を含む)から防御し、被補償者に対し対
  象請求等を補償・賠償し、被補償者を免責しなければならない。
  (1)レジストリ、レジストリサービス提供事業者およびそれらの下請業者、
        ならびに、それらの関連会社
  (2)前号の各組織の取締役、役員、従業員および代理人
2  本条に基づく申請者および登録者の義務は、本サービスもしくは本サービス
  に基づく契約または当社とレジストリとの契約の終了または期間満了の後も、
  有効に存続する。

第7条(禁止行為および表明保証)
    申請者および登録者は、マルウェアの配布、悪意によるボットネットの運用、
  フィッシング、不正コピー、商標もしくは著作権の侵害、詐欺もしくは虚偽行
  為、偽造またはその他適用法に反する行為を行う目的で本ドメイン名を登録、
  使用、表示または利用しないことを表明し、保証する。
2  申請者および登録者は、本ドメイン名に関する申請・更新・届け出にあたり、
  前項の定めに加え、次の各号を確認し、表明し、保証する。
  (1)アメリカ合衆国、欧州連合または英国の包括的な輸出規制または制裁措
        置の対象である国または地域(以下「対象国」という)ではないこと
  (2)対象国内に所在する対象国の国民ではなく、対象国の法令に基づいて組
        織された法人または法人格を有さない組織でもなく、また、対象国への
        輸出に関する許認可を特別に得ている場合を除き、対象国にドメイン名
        を送信または譲渡する意図を有する者でもないこと
  (3)核兵器、化学兵器もしくは生物兵器の設計、開発もしくは製造またはテ
        ロリズムの資金調達において登録・使用する者ではなく、その意図を有
        する者でもないこと
  (4)アメリカ合衆国の政府または英国を含む適用のある地域において公表さ
        れるリストにより制裁、禁止または制限の対象として指定される自然人、
        法人または法人格を有さない組織(以下「被指定者」という)ではなく、
        被指定者により保有または支配されていないこと
3  申請者および登録者は、前各項の表明保証違反の場合、当社が登録規則第30
  条第1項に定める措置をとることができることを確認し、同意する。

第8条(上位組織の仕様・ポリシー)
    申請者および登録者は、レジストリが、次の各号の目的のために必要と認め
  る場合、その無制限かつ単独の裁量により、本ドメイン名の登録または取引を
  拒否、廃止、移転その他の処理をする無制限の権利を有すること、または本ド
  メイン名をレジストリロック、レジストリ預かりもしくはこれらと同様の状態
  におく無制限の権利を有することを確認し、同意する。
  (1)インターネットに関する権威として一般に認識されている業界団体で採
        用された仕様(RFC(Request for Comments)を含み、これに限定され
        ない)に従うため
  (2)レジストリまたはレジストラによる本ドメイン名の登録に関連した誤り
        を訂正するため
  (3)レジストリに対する料金の支払いがされないため
  (4)レジストリサービスの整合性、安全性および安定性を保護するため
  (5)適用法、政府の定める規則もしくは要件、法執行機関からの要請または
        いかなる紛争処理手続を遵守するため
  (6)レジストリならびにその関連会社、子会社、役員、取締役および従業員
        の民事上または刑事上の責任を回避するため
  (7)前条に定める禁止行為のいずれかが発生したため
2  申請者および登録者は、レジストリが事前の予告なくその仕様およびポリシー
  を変更する場合があることに同意する。

第9条(商標クレーム期間中の登録申請)
    当社は、レジストリの定める商標クレーム(Trademark Claims)期間中に、
  商標クリアリングハウスに登録されている文字列と同じ本ドメイン名への申請
  があった場合、上位組織の定める規則、仕様、ポリシーその他の定めに従った
  処理を行う。

BACK

株式会社日本レジストリサービス Copyright© 2001-2022 Japan Registry Services Co., Ltd.