JPドメイン名のサービス案内、ドメイン名・DNSに関連する情報提供サイト


JPドメイン名の活用方法

ビジネス活用

JPドメイン名のビジネスシーンでのメリットは、覚えやすさと好印象、安心感です。
ビジネスでは、会社名と自分の名前を覚えてもらうことが大切ですが、同様に「ホームページのURL」と「メールアドレス」を覚えてもらうこともとても大切です。
そのために、好印象で覚えやすいドメイン名を効果的に使いましょう。
JPドメイン名は、個人でもドメイン名を登録できるので、SOHOや個人事業主の方でも簡単に活用することができます。

1「CO.JP」ドメイン名で「あなたの会社」をアピール

「CO.JP」は安心と信頼

「co.jp」は、日本で登記された会社だけしか登録できない「日本の企業限定」のドメイン名です。1組織で1ドメイン名しか登録できないため、企業とドメイン名が1対1で結びついており、会社としての安心感をユーザーに与えることができます。このため、「co.jp」は企業のホームページに適しており、は一部上場企業の98%が登録しています。

2JPドメイン名を効果的に使い分け

「.JP」の併用

複数登録可能でしかも短くて覚えやすい汎用JPドメイン名 「.jp」を併用すると、例えば個別の商品やサービスなどの「ブランド」ごとのイメージを顧客に持ってもらう場合や期間の決まっている「キャンペーン」に便利で効果的です。

目的別にJPドメイン名を使い分け

目的別にJPドメイン名を使い分け

訴求ポイントや製品・サービスが複数あり、一つのJPドメイン名にまとめるのが難しい場合には、目的別にJPドメイン名を使い分け、複数のJPドメイン名を併用することも可能です。一つのWebサイトを運営しながら、顧客には覚えやすいURLを提供でき、また、検索サイトには目的別に複数のURLを登録できます。

メリットその1視覚的・聴覚的インパクトが強く、認知度が向上します

視覚的・聴覚的インパクト

視覚的インパクト

文字数が少ないため、スペースの限られる印刷媒体などで文字を大きく表記することができ、商品名・サービス名を強く打ち出すことができます。

聴覚的インパクト

テレビやラジオ広告で告知するURLをシンプルにでき、強い印象を与え記憶に残せます。

メリットその2複数のJPドメイン名を活用して顧客を目的のページへ誘導

顧客は、社名からではなく、商品名やサービス名など、覚えやすくシンプルなURLで目的のページへすぐに到達できます。

「.jp」は、セキュリティ・テクノロジー専業のマカフィー社の調査で、2年連続(2009年、2010年)世界で最も安全な国別ドメイン名だと評価されました。