ドメイン名サービス

株式会社レジストリサービス JPRS JAPAN REGISTRY SERVICES

gTLD取次サービス

レジストラトランスファーに関する方針

gTLDの登録者が管理レジストラの変更(レジストラトランスファー)を行う際の手続きは、Transfer Policyに定められています。
Transfer Policyは全てのICANN認定レジストラが遵守する必要があり、レジストラトランスファーは必ずこの文書に基づいて手続きが行われます。

JPRSのレジストラトランスファーに関するプロセスは以下の通りです。

他レジストラからJPRSへのトランスファー

指定事業者を通じてJPRSに申請してください。
  1. 認証コード(AuthCode)を変更元レジストラ(現在利用しているレジストラ)に確認してください。
  2. ドメイン名のAdminコンタクトのメールアドレスを確認し、変更が必要な場合は変更元レジストラに更新を依頼してください。
    ※Adminコンタクトのメールアドレスは、現在利用しているレジストラのWhois等で確認できます。
  3. 今後管理を希望する指定事業者にレジストラトランスファーを申請します。
  4. 指定事業者からJPRSへ、レジストラトランスファー申請が行われます。
  5. JPRSからドメイン名のAdminコンタクトのメールアドレスあてに、レジストラトランスファーの申請意思確認の手続きを案内するメールを送信します。
  6. Adminコンタクトは、案内に従い、Webから申請を「承認」してください。承認期限は 4. の申請から暦日5日です。
    ※承認されなかった場合、レジストラトランスファーは行われません。
  7. JPRSからレジストリへ、レジストラトランスファーを申請します。
  8. レジストリから変更元レジストラへ、申請確認が行われます。
  9. 変更元レジストラから登録者へ意思確認が行われます。
    ※詳しい手続きは変更元レジストラにお問い合わせください。
  10. 変更元レジストラからレジストリへ、申請の「承認」または「不承認」を回答します。
    (回答期限は 7. から暦日5日です)
  11. 「承認」の場合、レジストリはトランスファーを実施し、管理レジストラがJPRSへ変更されます。レジストリはJPRSへ結果を通知します。
  12. JPRSは指定事業者に、レジストラトランスファーの完了を通知します。
他レジストラからJPRSへのトランスファー

JPRSから他レジストラへのトランスファー

変更先レジストラに申請してください。

  1. ドメイン名の管理指定事業者へ、認証コード(AuthCode)の発行を依頼します。
  2. 管理指定事業者はJPRSから認証コード(AuthCode)を取得し、登録者へ連絡します。
  3. 変更先レジストラに、レジストラトランスファーを申請してください。
    ※詳しい手続きは変更先レジストラにお問い合わせください。
  4. 変更先レジストラから申請の意思確認が行われます。
    ※詳しい手続きは変更先レジストラにお問い合わせください。
  5. 変更先レジストラからレジストリへ、レジストラトランスファー申請が行われます。
  6. レジストリからJPRSへ、申請確認が行われます。
  7. JPRSからドメイン名の登録者情報のメールアドレスあてに、レジストラトランスファーアウトの意思確認の手続きを案内するメールを送信します。
  8. 登録者は、案内に従い、意思確認に回答してください。JPRSへの意思確認期限は 7. を含めて暦日3日です。
    ※意思確認に対して期限までに回答がなかった場合は「承認」の回答をしたものとします。「不承認」の回答をした場合、レジストラトランスファーは行われません。
  9. JPRSからレジストリへ、意思確認結果を回答します。
  10. 「承認」の場合、レジストリはトランスファーを実施し、管理レジストラが変更先レジストラへ変更されます。レジストリは変更先レジストラへ結果を通知します。
  11. JPRSは指定事業者に、レジストラトランスファーの完了を通知します。
JPRSから他レジストラへのトランスファー