JPドメイン名のサービス案内、ドメイン名・DNSに関連する情報提供サイト


用語辞典

解説

ccTLD(国別トップレベルドメイン)

Country Code Top Level Domainの略称。
国や地域に割り当てられたトップレベルドメイン(TLD)です。その文字列には、原則としてISO(国際標準化機構)のISO 3166-1において規定されている2文字の国コード(*1)が使用されています。ルートゾーンの管理とTLDの委任はICANN(Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)が行っており、日本には「.jp」が割り当てられ、JPRSが委任を受けています。

(*1)ISO 3166-1には、2文字のラテン文字を使用した「alpha-2」と3文字のラテン文字を使用した「alpha-3」、3文字の数字を使用した「numeric-3」が定められていますが、3文字のTLDは「.com」や「.net」のようにすでに使われていたこと、数字はIPアドレスとの混同を避けるため、2文字のラテン文字を使用したalpha-2が選ばれました。

国や地域には、程度の差こそあれ、それぞれに異なった価値観や習慣、事情などが存在します。そのため、国や地域ごとにTLDを割り当てて運用することが検討されました。その結果として誕生したのがccTLDです。1984年に発行されたRFC 920には「国に割り当てられたTLDには国際標準であるISO 3166-1のalpha-2(2文字)を使用する」と明記されています(*2)。
(*2)国という概念などを巡るトラブルなどの国際問題に巻き込まれるリスクを回避するために、国際標準として決められているISO 3166-1が採用されました。この考え方は、「何が国であり国でないか、その文字列が特定の国にとって適切かどうかの判断をしない」というICANNのポリシーとして現在も存続しています。


* gTLD(分野別トップレベルドメイン)(JPRS)
* ISO 3166(JPRS)
* Root Zone Database(IANA)
* Country Codes - ISO 3166(ISO)

1組織1ドメイン名AAAAリソースレコード(AAAAレコード)ACE(エース)ADR(エーディーアール)AIT(エーアイティー)
ALACAP*、APstar(エーピースター)APAN(エーパン)APCAUCE(エーピーコース)APCERT(エーピーサート)
APIA(エーピーアイエー)APNG Camp(エーピーエヌジーキャンプ)APNG(エーピーエヌジー)APNIC(エーピーニック)APOPS(エーピーオプス)
APRICOT(アプリコット)APTLD(エーピーティーエルディー)ARPANET(アーパネット)ASCII(アスキー)ASO(エーエスオー)
At-Large(アットラージ)Aリソースレコード(Aレコード)BIND(バインド)ccNSO(シーシーエヌエスオー)ccTLD(国別トップレベルドメイン)
ccTLDスポンサ契約CENTR(センター)CERT(サート)DNSO(ディーエヌエスオー)DNSSEC(ディーエヌエスセック)
DNS(ディーエヌエス)DNSキャッシュポイズニングDNSブロッキングDNSプリフェッチ(DNS prefetching、DNS prefetch)DNSリフレクター攻撃(DNSアンプ攻撃)
DoS攻撃(DDoS攻撃)DRP(ドメイン名紛争処理方針)EDNS0(イーディエヌエスゼロ)ENUM(イーナム)EPP(イーピーピー)
FQDN(エフキューディーエヌ)GAC(ギャックまたはジーエーシー)GNSO(ジーエヌエスオー)gTLD(分野別トップレベルドメイン)IAB(アイエービー)
IAHC(アイエーエイチシー)IANA(アイアナ)ICANN(アイキャン)IDNA(アイディーエヌエー)IETF(アイイーティーエフ)
InterNIC(インターニック)IP Anycast(アイピーエニーキャスト)IPv4IPv6IP(アイピー)
IPアドレスIPフラグメンテーション(IP fragmentation)ISO 3166ISOC(アイソック)ISP(アイエスピー)
ITU(アイティーユー)J-LIS(ジェイリス)JDNA(ジェーディーエヌエー)JP DNS(ジェーピーディーエヌエス)JP-DRP(JPドメイン名紛争処理方針)
JPCERT/CC(ジェーピーサート/シーシー)JPDirect(ジェーピーダイレクト)JPNIC(ジェーピーニック)JPRS(ジェーピーアールエス)JPドメイン名
JPドメイン名諮問委員会JUNET(ジェーユーネット)LACTLD(ラックティーエルディー)lame delegation(レイムデレゲーション)MXリソースレコード(MXレコード)
NAMEPREP(ネームプレップ)NomCom(ノムコム)NSD(エヌエスディー)NSリソースレコードPunycode(ピュニコード)
RFC(アールエフシー)RIPE NCC(ライプエヌシーシー)RIPE(ライプ)RIR(アールアイアール)RSSAC(アールエスエスエーシーまたはアールエスサック)
SANOG(サノグ)SLD(セカンドレベルドメイン)SPF(エスピーエフ)SRS(エスアールエス)SSAC(エスエスエーシーまたはエスサック)
STRINGPREP(ストリングプレップ)TCP/IP(ティーシーピーアイピー)TLD(トップレベルドメイン)TTL(ティーティーエル)UDP(ユーディーピー)
UDRP(ユーディーアールピー)Unbound(アンバウンド)Unicode(ユニコード)URL(ユーアールエル)Whois(フーイズ)
WIDE Project(ワイドプロジェクト)WIPO(世界知的所有権機関)WWW(ダブリューダブリューダブリュー)インシデントインターネットガバナンス
エスクローオープンリゾルバーオクテットオルタネート・ルート(Alternate Roots) キーロールオーバー
キャッシュ(cache)グリーンペーパー(Green Paper)グルーレコード(glue record)サイバースクワッティング(Cybersquatting)サブドメイン
サンライズ期間(sunrise period)セカンダリサーバー(スレーブサーバー)ソースポートランダマイゼーションゾーンゾーンファイル
ゾーン転送(zone transfer)ドメインドメイン名(Domain Name)ドメイン名テイスティングネームサーバー(DNSサーバー)
ネガティブキャッシュ(negative cache)バーチャルドメインバーチャルホストフィッシング(phishing)フルサービスリゾルバー(キャッシュDNSサーバー)
プライマリサーバー(マスターサーバー)プロトコルホスティングホストホワイトペーパー
ポート番号(port number)メールアドレスユニバーサルアクセプタンス(Universal Acceptance: UA)ラベルランダムサブドメイン攻撃(DNS水責め攻撃)
リカーシブモードリソースレコードルートルートサーバー(root servers)ルートゾーン
レジストラレジストリローカルプレゼンス(国内住所要件)委任応答
外部名逆引き権威(オーソリティ)権威サーバー(権威DNSサーバー)公開連絡窓口情報
国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name: IDN)再帰的問い合わせ(recursive query)子ゾーン指定事業者親ゾーン
正引き正規化属性型JPドメイン名多言語ドメイン名 (MDN:Multilingual Domain Name)地域型JPドメイン名
通常応答都道府県型JPドメイン名内部名日本語JPドメイン名(日本語ドメイン名)日本知的財産仲裁センター
汎用JPドメイン名非再帰的問い合わせ(non-recursive query)不在応答(Negative Answers)名前解決(Name Resolution)問い合わせ
優先登録申請期間予約ドメイン名