ドメイン名サービス

株式会社レジストリサービス JPRS JAPAN REGISTRY SERVICES

gTLD等ドメイン名登録情報の公開

JPRS RDAP ご利用ガイド

株式会社日本レジストリサービス
初版公開 2019年08月06日

目次

はじめに
第一部  RDAPの概要
1. 背景
2. RDAPの利用方法
第二部  JPRS RDAPサービスの概要
3. サービス概要
WHOIS表示項目名とRDAP表示項目名の対応
参考文献

はじめに

JPRSは、インターネットユーザーに対してドメイン名に関する情報などを検索するサービス(RDS:Registration Directory Service)を、主に以下の目的で提供しています。

  • ネットワークの安定的運用を実施する上で、技術的な問題が発生した際の連絡のため
  • ドメイン名の申請・届け出時に、同一ドメイン名や類似ドメイン名の存在を確認するため
  • ドメイン名と商標などに関するトラブルの自律的な解決のため

JPRSのRDSにはJPRS WHOIS、JPRS RDAPがあります。本文書では、RDAP及びJPRS RDAPサービスの概要について解説します。

第一部  RDAPの概要

1. 背景

WHOIS(RFC 3912[1])が、世界的に普及し長期にわたり利用されてきたなかで、WHOISプロトコルの問題点が徐々に明らかになってきました。 これらの問題点には、

  • 検索方法、出力形式がWHOISを提供するレジストリ・レジストラにより異なること
  • IDN(国際化ドメイン名)の表示に対応していないものがあること
  • ユーザーごとに検索結果の表示項目をわけられないこと

などが含まれます。

このような背景から、インターネット技術の標準化を推進するIETFにおいて、こうしたWHOISプロトコルの問題点を解決するRDAP(Registration Data Access Protocol: RFC 7480[2]、7481[3]、7482[4]、7483[5]、7484[6]、8056[7])の仕様が2015年に策定されました。

また、2018年5月に施行されたEU一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)を受けて、ICANNは、WHOISとRDAPをGDPR準拠とするための仕様をまとめた“Temporary Specification for gTLD Registration Data”[8](以下「暫定仕様」)を策定し、gTLDレジストリ・レジストラに対して、2019年8月までにRDAPに対応することを義務付けました。

RDAPはGDPRに準拠していることはもちろんのこと、特に暫定仕様の要件である「正当な権利を持つユーザーには、非公開にした個人情報を開示できる」ことが、将来的に可能になるプロトコルとしても期待されています。

2. RDAPの利用方法

RDAPでは、RDAPサーバーごとに定まる基本URLと、それに続くパス名に情報種別、検索キーワードを指定します。

RDAPを検索するULRの構造

検索結果はJSON形式*1で応答されます。

*1 JSONとは:

  • JavaScript Object Notationの略称
  • RFC 7159[9]により規定
  • 人間による一定の可読性を保ちつつも、プログラムによる機械的な処理に適合させたデータ表現形式

    JSONサンプル   - "項目名":"項目値"の形式
      - [項目値1,項目値2]は複数項目値

応答を人が理解しやすいように整形して表示するRDAPクライアント*2を利用することも可能です。

RDAPクライアントを利用した検索では、情報種別、検索キーワードに応じて、該当するRDAPサーバーの基本URLを自動的に探し出して検索を行います。 このためユーザーがRDAPサーバーの基本URLを記載する必要はありません。

【RDAPクライアントの例】
    https://lookup.icann.org/

*2   JPRSではRDAPクライアントは提供していません(2019年8月現在)

第二部  JPRS RDAPサービスの概要

3. サービス概要

▼JPRS RDAPで検索できるドメイン名

JPRS RDAPサービスでは、JPRSが提供するgTLD取次サービスのドメイン名に関する情報が検索できます。

.asia, .biz, .com, .info, .kyoto, .mobi, .nagoya, .net, .okinawa, .org, .osaka, .ryukyu, .tokyo, .yokohama, .コム, .cc, .tv

※  JPRSが取り次いでいないgTLDのドメイン名に関する情報は、JPRS RDAPサービスでは検索できません
※  JPRSが取り次いでいるgTLDであっても、管理レジストラがJPRS以外のドメイン名に関する情報は、JPRS RDAPサービスでは検索できません

▼JPRS RDAPの検索結果に表示される情報

JPRS RDAPサービスの検索結果に表示される情報については、「gTLD等ドメイン名の公開・開示対象情報一覧[10]をご覧ください。

▼JPRS RDAPの検索方法

JPRS RDAPサービスでは、以下の基本URLを指定します。

https://rdap.gtld.jprs.jp/rdap/
  • ドメイン名に関する情報を検索するときは、基本URLに引き続き、情報種別に“domain”、検索キーワードにドメイン名を指定します。
    (部分一致での検索はできません)
https://rdap.gtld.jprs.jp/rdap/domain/[検索するドメイン名]

例)   https://rdap.gtld.jprs.jp/rdap/domain/example.com
(ASCIIドメイン名「example.com」の場合)
  • 日本語ドメイン名を検索するときは、検索キーワードにPunycode、またはUTF-8をURLエンコードした形式のどちらかのドメイン名を指定してください。
例)   https://rdap.gtld.jprs.jp/rdap/domain/xn--eckwd4c7cu47r2wf.com
(日本語ドメイン名「ドメイン名例.com」のPunycode)
   
例)   https://rdap.gtld.jprs.jp/rdap/domain/%e3%83%89%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%90%8d%e4%be%8b.com
(日本語ドメイン名「ドメイン名例.com」のUTF-8のURLエンコード形式)
  • JPRS RDAPのヘルプを表示するときは、基本URLに引き続き、情報種別に“help”を指定します。
https://rdap.gtld.jprs.jp/rdap/help

▼JPRS RDAPの検索結果の表示例

  • ドメイン名に関する情報(検索対象が見つかった場合)

    【example.comを検索する例】
      https://rdap.gtld.jprs.jp/rdap/domain/example.com

    【example.comの検索結果の例】
      JPRS RDAPの検索結果は、以下の形式で表示されます。

        "RDAP表示項目名":"RDDSフィールドの値"

      ※ RDDSフィールドはWHOISの項目名に該当します。
      ※ 検索結果の例ではRDAP表示項目名を赤字で示し、RDDSフィールドの値を青字で示しています。
      ※ RDAP表示項目名とRDDSフィールドの対応は、「WHOIS表示項目名とRDAP表示項目名の対応」を参照してください。

    RDAP検索結果の表示例
  • 検索対象が見つからなかった場合

      ※ 検索対象が見つからない原因は以下の2通りです。
         -  検索キーワードで指定されたドメイン名が存在しない場合
         -  検索キーワードで指定されたドメイン名がJPRS以外の他のレジストラで管理されている場合

    【example2.comを検索する例】
      https://rdap.gtld.jprs.jp/rdap/domain/example2.com

    【example2.comの検索結果の例】
    RDAP検索結果の表示例(見つからない場合)

▼JPRS RDAPご利用上の注意事項

  • JPRS RDAPによる情報公開は、「gTLD等ドメイン名登録情報等の取り扱いについて[11]に定める目的以外にはご利用いただけません。
  • JPRS RDAPの更新には、最長で1日程度掛かる場合があります。
  • 検索の結果、該当するデータが無いことが表示された場合は、JPRS RDAPで表示可能なデータが存在していないことを示しています。ただし、このことは検索ドメイン名が登録できることを保証するものではありません。
  • 短時間に繰り返し検索が行われた場合、レスポンスコード429のエラーが返されます。そのときはしばらくお待ちいただき、間隔を空けて検索するようお願いします。

WHOIS表示項目名(RDDSフィールド)とRDAP表示項目名の対応については、以下の表をご参照ください。

[用語説明]

RDDSフィールド: WHOIS表示項目名に該当し、RDAP検索結果にはその値のみが表示されます。
※RDDSフィールドそのものはRDAP検索結果には表示されません
RDAP表示項目名: RDAP検索結果に表示される項目名です。
※RDAP検索結果には、RDAP表示項目名とRDDSフィールドの値の組み合わせが表示されます

RDDSフィールド
(ドメイン情報の場合)
RDAP表示項目名
Domain Name ldhName
Domain ID handle
Updated Date events.eventAction "last changed"
Creation Date events.eventAction "registration"
Domain Status status object
Name Server nameservers.ldhname
DNSSEC secureDNS object
Internationalized Domain Name unicodeName
Last update of WHOIS Database        Events.eventAction "last update of RDAP database"  
Registrar Entities.role registrar
Sponsoring Registrar Entities.roles.registrar
Sponsoring Registrar IANA ID publicIDs.identifier
Registrar Abuse Contact Email Entities.role abuse email
Registrar Abuse Contact Phone Entities.role abuse phone
Registrant Entities.role registrant
Registrant ID Entity.handle
Registrant Name jCard "fn"
Registrant Organization Org
Registrant Street Grouped into adr member
Registrant City
Registrant State/Province
Registrant Postal Code
Registrant Country
Registrant Phone Number Tel type parameter voice
Registrant Phone Number Ext Ext
Registrant Fax Tel type parameter Fax
Registrant Fax Ext Ext
Registrant email Email
Admin Contact Entities.role Administrative
Admin ID Entity.handle
Admin Name jCard "fn"
Admin Organization Org
Admin Street Grouped into adr member
Admin City
Admin State/Province
Admin Postal Code
Admin Country
Admin Phone Number Tel type parameter voice
Admin Phone Number Ext Ext
Admin Fax Tel type parameter Fax
Admin Fax Ext Ext
Admin email Email
Technical Contact Entities.role Technical
Tech ID Entity.handle
Tech Name jCard "fn"
Tech Organization Org
Tech Street Grouped into adr member
Tech City
Tech State/Province
Tech Postal Code
Tech Country
Tech Phone Number Tel type parameter voice
Tech Phone Number Ext Ext
Tech Fax Tel type parameter Fax
Tech Fax Ext Ext
Tech email Email

※RDAPの出力形式の詳細は、RFC 7483[5]を参照ください

参考文献

[1] RFC 3912
         WHOIS Protocol Specification
         <https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc3912.txt>
  
[2] RFC 7480
         HTTP Usage in the Registration Data Access Protocol (RDAP)
         <https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc7480.txt>
  
[3] RFC 7481
         Security Services for the Registration Data Access Protocol (RDAP)
         <https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc7481.txt>
  
[4] RFC 7482
         Registration Data Access Protocol (RDAP) Query Format
         <https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc7482.txt>
  
[5] RFC 7483
         JSON Responses for the Registration Data Access Protocol (RDAP)
         <https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc7483.txt>
  
[6] RFC 7484
         Finding the Authoritative Registration Data (RDAP) Service
         <https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc7484.txt>
  
[7] RFC 8056
         Extensible Provisioning Protocol (EPP) and Registration Data Access Protocol (RDAP) Status Mapping
         <https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc8056.txt>
  
[8] Temporary Specification for gTLD Registration Data
         <https://www.icann.org/resources/pages/gtld-registration-data-specs-en>
  
[9] RFC 7159
         The JavaScript Object Notation (JSON) Data Interchange Format
         <https://www.rfc-editor.org/rfc/rfc7159.txt>
  
[10] gTLD等ドメイン名の公開・開示対象情報一覧
         <https://jprs.jp/registrar/doc/rule/disclose-list-gtld.html>
  
[11] gTLD等ドメイン名登録情報等の取り扱いについて
         <https://jprs.jp/registrar/doc/rule/dom-data-handling-gtld.html>
  
[12] gTLD等ドメイン名登録情報等の公開・開示に関する規則
         <https://jprs.jp/registrar/doc/rule/disclose-rule-gtld.html>
  
[13] gTLD RDAP Profile
         <https://www.icann.org/gtld-rdap-profile>
※ICANNが公開するRDAPの仕様(以下の2種類)
   RDAP Technical Implementation Guide
   RDAP Response Profile
  
以上