JPドメイン名のサービス案内、ドメイン名・DNSに関連する情報提供サイト


用語辞典

解説

レジストリ

ドメイン名やIPアドレス、AS番号といったインターネット資源の登録・割り当てを担当する組織(登録管理機関)のことです。ドメイン名のレジストリと、IPアドレスやAS番号のレジストリを担当する組織は異なる場合があります。
ドメイン名のレジストリは、登録済みドメイン名の情報と登録者情報を管理しています。ドメイン名を必要としているユーザーは、希望する文字列を決め、ドメイン名レジストリに登録申請を行います。レジストリは申請を受け取ると、登録規則を満たしているかを審査し、その名前が未登録であることを確認します。その後、申請を受理し、登録済みのドメイン名としてレジストリデータベースに追加することにより、そのドメイン名の一意性を保証します。
IPアドレスやAS番号のレジストリは、未分配のIPアドレスブロックと分配済みのIPアドレスブロックの両方を、「一意性」「登録」「経路集成」「節約」「公平性」という五つの原則に従って管理します。IPアドレスの分配にあたっては、管理原則に則った運用が行われるか、希望するIPアドレスの数が適切かなどをあらかじめ審査し、必要な分配量を決定します。そして、分配したアドレスをデータベースに登録管理することにより、そのアドレスの一意性を保証します。
ドメイン名のレジストリは、ドメイン名をIPアドレスに変換(正引き)するための権威サーバー(権威DNSサーバー)を運用し、IPアドレスやAS番号のレジストリは、IPアドレスをドメイン名に変換(逆引き)するための権威サーバーを運用します。
日本を表すTLD(トップレベルドメイン)である「jp」のレジストリは株式会社日本レジストリサービス(JPRS)であり、日本国内に割り振られたIPアドレスやAS番号のレジストリは一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)です。

* 権威サーバー(権威DNSサーバー)(JPRS)
* 正引き(JPRS)
* 逆引き(JPRS)
* TLD(トップレベルドメイン)(JPRS)
* JPNIC(ジェーピーニック)(JPRS)
* 日本におけるインターネット資源管理の歴史〜ドメイン名とIPアドレスを中心とした日本のインターネットの歩み〜第1章 資源管理とレジストリ(JPNIC)

1組織1ドメイン名AAAAリソースレコード(AAAAレコード)ACE(エース)ADR(エーディーアール)AIT(エーアイティー)
ALACAP*、APstar(エーピースター)APAN(エーパン)APCAUCE(エーピーコース)APCERT(エーピーサート)
APIA(エーピーアイエー)APNG Camp(エーピーエヌジーキャンプ)APNG(エーピーエヌジー)APNIC(エーピーニック)APOPS(エーピーオプス)
APRICOT(アプリコット)APTLD(エーピーティーエルディー)ARPANET(アーパネット)ASCII(アスキー)ASO(エーエスオー)
At-Large(アットラージ)Aリソースレコード(Aレコード)BIND(バインド)ccNSO(シーシーエヌエスオー)ccTLD(国別トップレベルドメイン)
ccTLDスポンサ契約CENTR(センター)CERT(サート)DNS-OARC(ディーエヌエスオーアーク)DNSO(ディーエヌエスオー)
DNSSEC(ディーエヌエスセック)DNS(ディーエヌエス)DNSキャッシュポイズニングDNSフォワーダー(DNSプロキシー)DNSブロッキング
DNSプリフェッチ(DNS prefetching、DNS prefetch)DNSリフレクター攻撃(DNSアンプ攻撃)DoS攻撃(DDoS攻撃)DRP(ドメイン名紛争処理方針)EDNS0(イーディエヌエスゼロ)
ENUM(イーナム)EPP(イーピーピー)FQDN(エフキューディーエヌ)GAC(ギャックまたはジーエーシー)GNSO(ジーエヌエスオー)
gTLD(分野別トップレベルドメイン)hostsファイル(HOSTS.TXT)IAB(アイエービー)IAHC(アイエーエイチシー)IANA(アイアナ)
ICANN(アイキャン)IDNA(アイディーエヌエー)IETF(アイイーティーエフ)InterNIC(インターニック)IP Anycast(アイピーエニーキャスト)
IPv4IPv6IP(アイピー)IPアドレスIPフラグメンテーション(IP fragmentation)
ISO 3166ISOC(アイソック)ISP(アイエスピー)ITU(アイティーユー)J-LIS(ジェイリス)
JDNA(ジェーディーエヌエー)JP DNS(ジェーピーディーエヌエス)JP-DRP(JPドメイン名紛争処理方針)JPCERT/CC(ジェーピーサート/シーシー)JPDirect(ジェーピーダイレクト)
JPNIC(ジェーピーニック)JPRS(ジェーピーアールエス)JPドメイン名JPドメイン名諮問委員会JUNET(ジェーユーネット)
LACTLD(ラックティーエルディー)lame delegation(レイムデレゲーション)MXリソースレコード(MXレコード)NAMEPREP(ネームプレップ)NomCom(ノムコム)
NSD(エヌエスディー)NSリソースレコードPunycode(ピュニコード)RFC(アールエフシー)RIPE NCC(ライプエヌシーシー)
RIPE(ライプ)RIR(アールアイアール)RSSAC(アールエスエスエーシーまたはアールエスサック)RTT (Round Trip Time)SANOG(サノグ)
SLD(セカンドレベルドメイン)SOAリソースレコードSPF(エスピーエフ)SRS(エスアールエス)SSAC(エスエスエーシーまたはエスサック)
STRINGPREP(ストリングプレップ)TCP/IP(ティーシーピーアイピー)TLD(トップレベルドメイン)TTL(ティーティーエル)UDP(ユーディーピー)
UDRP(ユーディーアールピー)Unbound(アンバウンド)Unicode(ユニコード)URL(ユーアールエル)Whois(フーイズ)
WIDE Project(ワイドプロジェクト)WIPO(世界知的所有権機関)WWW(ダブリューダブリューダブリュー)インシデントインターネットガバナンス
エスクローオープンリゾルバーオクテットオルタネート・ルート(Alternate Roots) キーロールオーバー
キャッシュ(cache)グリーンペーパー(Green Paper)グルーレコード(glue record)サイバースクワッティング(Cybersquatting)サブドメイン
サンライズ期間(sunrise period)スタブリゾルバー(DNSクライアント)セカンダリサーバー(スレーブサーバー)ソースポートランダマイゼーションゾーン
ゾーンファイルゾーン転送(zone transfer)トラストアンカードメインドメイン名(Domain Name)
ドメイン名テイスティングネームサーバー(DNSサーバー)ネガティブキャッシュ(negative cache)バーチャルドメインバーチャルホスト
フィッシング(phishing)フルサービスリゾルバー(キャッシュDNSサーバー)プライマリサーバー(マスターサーバー)プロトコルホスティング
ホストホワイトペーパーポート番号(port number)メールアドレスユニバーサルアクセプタンス(Universal Acceptance: UA)
ラベルランダムサブドメイン攻撃(DNS水責め攻撃)リカーシブモードリソースレコードルート
ルートサーバー(root servers)ルートゾーンレジストラレジストリレジストリロックサービス
ローカルプレゼンス(国内住所要件)委任委任情報応答外部名
逆引き権威(オーソリティ)権威サーバー(権威DNSサーバー)公開連絡窓口情報国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name: IDN)
再帰的問い合わせ(recursive query)子ゾーン指定事業者親ゾーン正引き
正規化属性型JPドメイン名多言語ドメイン名 (MDN:Multilingual Domain Name)地域型JPドメイン名通常応答
都道府県型JPドメイン名内部名日本語JPドメイン名(日本語ドメイン名)日本知的財産仲裁センター汎用JPドメイン名
非再帰的問い合わせ(non-recursive query)不在応答(Negative Answers)名前解決(Name Resolution)問い合わせ優先登録申請期間
予約ドメイン名