JPドメイン名のサービス案内、ドメイン名・DNSに関連する情報提供サイト


用語辞典

解説

IP Anycast(アイピーエニーキャスト)

共通のサービス用IPアドレスを、複数のホストで共有する仕組みです。
通常、IPアドレスはホストごとに割り当てられますが、IP Anycastを利用することで一つのIPアドレスを複数のホストに割り当てることができます。共通のサービス用IPアドレス宛の通信は、IPアドレスを共有する複数のホストのうちいずれか一つに到達します。
これにより、利用者は同一のサービスを提供する複数のホストのうちネットワーク的に一番近いホストと通信することになります。IP Anycastの導入により、以下の効果が期待できます。

・負荷分散・冗長化:複数のホストや複数の拠点にリクエストを分散させることにより、負荷分散や冗長化を実現できます。
・応答時間の短縮:ホストを地域ごとに分散配置することで、応答時間を短縮させることができます。
・DoS攻撃の局所化:一カ所からのDoS攻撃はネットワーク的に一番近いホストのみに到達するため、他のホストは被害を受けません。
・DDoS攻撃の効果抑制:DDoS攻撃は複数のホストに分割されるため、その効果を抑制することができます。




インターネットにおけるIP Anycastは、経路制御との組み合わせにより実現されます。経路制御により、インターネット上に同一のIPアドレスを持つ複数のホストが存在しても、利用者から見てネットワーク的に近いいずれか一つのホストが選択されます。

* JPRSトピックス&コラム(No.5):DNSのさらなる信頼性向上のために〜IP Anycast技術とDNS〜(JPRS)
* DNS Tips:「IP Anycast」って何ですか?

1組織1ドメイン名AAAAリソースレコード(AAAAレコード)AAビットACE(エース)ADR(エーディーアール)
AIT(エーアイティー)ALACAP*、APstar(エーピースター)APAN(エーパン)APCAUCE(エーピーコース)
APCERT(エーピーサート)APIA(エーピーアイエー)APNG Camp(エーピーエヌジーキャンプ)APNG(エーピーエヌジー)APNIC(エーピーニック)
APOPS(エーピーオプス)APRICOT(アプリコット)APTLD(エーピーティーエルディー)ARPANET(アーパネット)ASCII(アスキー)
ASO(エーエスオー)At-Large(アットラージ)Aリソースレコード(Aレコード)BIND(バインド)CAAリソースレコード(シーエーエーリソースレコード)
ccNSO(シーシーエヌエスオー)ccTLD(国別トップレベルドメイン)ccTLDスポンサ契約CENTR(センター)CERT(サート)
CNAMEリソースレコード(シーネームリソースレコード)DNS-Based List(DNSBL)DNS-OARC(ディーエヌエスオーアーク)DNSKEYリソースレコード(ディーエヌエスキーリソースレコード)DNSO(ディーエヌエスオー)
DNSSEC(ディーエヌエスセック)DNS(ディーエヌエス)DNSキャッシュポイズニングDNSフォワーダー(DNSプロキシー)DNSブロッキング
DNSプリフェッチ(DNS prefetching、DNS prefetch)DNSリフレクター攻撃(DNSアンプ攻撃)DoS攻撃(DDoS攻撃)DRP(ドメイン名紛争処理方針)DSリソースレコード(ディーエスリソースレコード)
EDNS0(イーディエヌエスゼロ)ENUM(イーナム)EPP(イーピーピー)FQDN(エフキューディーエヌ)GAC(ギャックまたはジーエーシー)
GNSO(ジーエヌエスオー)gTLD(分野別トップレベルドメイン)hostsファイル(HOSTS.TXT)IAB(アイエービー)IAHC(アイエーエイチシー)
IANA(アイアナ)ICANN(アイキャン)IDNA(アイディーエヌエー)IETF(アイイーティーエフ)InterNIC(インターニック)
IP Anycast(アイピーエニーキャスト)IP53B(Inbound Port 53 Blocking)IPv4IPv6IP(アイピー)
IPアドレスIPフラグメンテーション(IP fragmentation)ISO 3166ISOC(アイソック)ISP(アイエスピー)
ITU(アイティーユー)J-LIS(ジェイリス)JDNA(ジェーディーエヌエー)JP DNS(ジェーピーディーエヌエス)JP-DRP(JPドメイン名紛争処理方針)
JPCERT/CC(ジェーピーサート/シーシー)JPDirect(ジェーピーダイレクト)JPNIC(ジェーピーニック)JPRS(ジェーピーアールエス)JPドメイン名
JPドメイン名諮問委員会JUNET(ジェーユーネット)LACTLD(ラックティーエルディー)lame delegation(レイムデレゲーション)MXリソースレコード(MXレコード)
NAMEPREP(ネームプレップ)NomCom(ノムコム)NSD(エヌエスディー)NSリソースレコードOP53B(Outbound Port 53 Blocking)
PTRリソースレコード(ポインターリソースレコード)Punycode(ピュニコード)RFC(アールエフシー)RIPE NCC(ライプエヌシーシー)RIPE(ライプ)
RIR(アールアイアール)RSSAC(アールエスエスエーシーまたはアールエスサック)RTT (Round Trip Time)SANOG(サノグ)SLD(セカンドレベルドメイン)
SOAリソースレコードSPF(エスピーエフ)SRS(エスアールエス)SSAC(エスエスエーシーまたはエスサック)STRINGPREP(ストリングプレップ)
TCP/IP(ティーシーピーアイピー)TCP(ティーシーピー)TCビットThickレジストリモデルThinレジストリモデル
TLD(トップレベルドメイン)TTL(ティーティーエル)UDP(ユーディーピー)UDRP(ユーディーアールピー)Unbound(アンバウンド)
Unicode(ユニコード)URL(ユーアールエル)Whois(フーイズ)WIDE Project(ワイドプロジェクト)WIPO(世界知的所有権機関)
WWW(ダブリューダブリューダブリュー)インシデントインターネットガバナンス インフラストラクチャドメイン(Infrastructure TLD)エスクロー
オープンリゾルバーオクテットオルタネート・ルート(Alternate Roots) キーセレモニーキーロールオーバー
キャッシュ(cache)グリーンペーパー(Green Paper)グルーレコード(glue record)コネクションレス型コネクション型
サイバースクワッティング(Cybersquatting)サブドメインサンライズ期間(sunrise period)スタブリゾルバー(DNSクライアント)セカンダリサーバー(スレーブサーバー)
ソースポートランダマイゼーションゾーンゾーンファイルゾーン転送(zone transfer)トラストアンカー
ドメインドメイン名(Domain Name)ドメイン名テイスティングドメイン名ハイジャックネームサーバー(DNSサーバー)
ネガティブキャッシュ(negative cache)バーチャルドメインバーチャルホストフィッシング(phishing)フルサービスリゾルバー(キャッシュDNSサーバー)
プライマリサーバー(マスターサーバー)プロトコルホスティングホストホワイトペーパー
ポート番号(port number)メールアドレスユニバーサルアクセプタンス(Universal Acceptance: UA)ラベルランダムサブドメイン攻撃(DNS水責め攻撃)
リカーシブモードリソースレコードルートルートサーバー(root servers)ルートゾーン
レジストラレジストリレジストリロックサービスローカルプレゼンス(国内住所要件)委任
委任情報応答外部名逆引き権威(オーソリティ)
権威サーバー(権威DNSサーバー)公開連絡窓口情報国際化ドメイン名(Internationalized Domain Name: IDN)再帰的問い合わせ(recursive query)子ゾーン
指定事業者親ゾーン正引き正規化属性型JPドメイン名
多言語ドメイン名 (MDN:Multilingual Domain Name)地域型JPドメイン名通常応答都道府県型JPドメイン名内部名
日本語JPドメイン名(日本語ドメイン名)日本知的財産仲裁センター汎用JPドメイン名非再帰的問い合わせ(non-recursive query)不在応答(Negative Answers)
名前解決(Name Resolution)問い合わせ優先登録申請期間予約ドメイン名